後手右玉」タグアーカイブ

先手ゴキゲン中飛車対後手右玉 三間飛車転換

対局概要

11/13に対局した将棋ウォーズ3分切負けの対局の勉強記録です。
先手:五段の方(2018.11.13現在)、後手:私
先手ゴキゲン中飛車に対して、後手は糸谷流右玉に組みます。
先手からは▲5五歩、▲5六銀の好形から三間飛車に振り替えてこられました。
後手からは△1五歩から局面の打開を図ろうとして失敗しました。

局面

なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
なし

指了図ではすでに後手作戦負け模様ですが、右玉は基本序盤で優勢になることはないのでいつもの調子です。

指了図は先手の序盤の岐路ですが、大きく以下の3つの選択肢が考えられます。
1.▲5九角型で7筋の歩交換を狙う方針
2.▲6八角型で7筋の歩交換を狙う方針
3.じっくりと銀冠に組む方針

本譜は上記の「1.5九角型〜」でしたが、「2.6八角型〜」との違いは△1三角から角交換される選択肢の有無くらいでしょうか。

なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
なし

指了図では△1五歩と仕掛けましたが、これはどう見ても無理筋です。
△1五歩に換えて、△5四歩▲同歩△4五歩として後手の左銀(4三の銀)を活用する順で手厚く指すのが良いそうです。

なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1

△5四歩として自ら玉のこびんを開ける順は実戦ではなかなか思いつかないというか、思いついても指しにくいです。
「▲5五歩、▲5六銀の好形に対しては△5四歩からの逆襲」は覚えておきたい筋ですね。

また、手順中の△4五歩に▲同歩と応じず、▲3六歩〜▲2六角と活用される順も気になります。

なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1

参考として2例あげましたが、いずれもじっくりとした将棋に持ち込んで力戦調を貫くのが一局になりそうですね。

本譜に戻って△1五歩以下、終局まで

なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1

ポイント

・本美濃に対して局面の打開は焦らない
・△5四歩(先手右玉なら▲5六歩)から角銀桂で手厚く指す