対へこみ矢倉」タグアーカイブ

右玉対棒銀

10/4に対局した将棋ウォーズ10分切負けの対局の勉強記録です。
後手急戦調の棒銀に対して自陣角で時間を稼ぎ、右玉に組んで力戦形を目指します。

初手からの指手: 76歩(77), 34歩(33), 26歩(27), 84歩(83), 78金(69), 85歩(84), 22角成(88) [図1]

相居飛車では基本的に角交換型右玉を目指します。
右玉は角の打ち込みに強いことと、私があまり定石を知らないため力戦形に持ち込むのが狙いです。

図1からの指手: 22銀(31), 88銀(79), 33銀(22), 77銀(88), 52金(61), 48銀(39), 42玉(51), 46歩(47), 72銀(71) [図2]

角交換右玉模様の出だしには棒銀で来られる方が多く、油断していると一直線に負け模様になるので慎重に対応します。
今回は自陣角で棒銀の銀交換を拒否する方針で対応します。

図2からの指手: 36歩(37), 83銀(72), 37桂(29), 84銀(83), 96歩(97), 94歩(93), 25歩(26), 32金(41), 68角打 [図3]

当初予定通り、68角打で銀交換を拒否します。
手順中、先手の25歩に対して95歩から棒銀にくる場合が気になりますが、以下、同歩、同銀、同香、同香に24歩として攻め合う予定でした。[参考図A]

参考図Aでは同歩なら45桂、同銀なら22歩で評価値は+500〜+1000となり先手優勢のようです。

図3からの指手: 74歩(73), 56歩(57), 14歩(13), 16歩(17), 95歩(94), 95歩(96), 95銀(84), 97歩打, 84銀(95), 58金(49), 73桂(81), 47銀(48), 31玉(42), 29飛(28), 42金(52), 48玉(59) [図4]

図4で、ようやく右玉の意思表示ができました。

右玉は布陣を整えるのに手数がかかるため、一心不乱に棒銀に来られて潰されるケースがままあります。
自陣に角を打ってでも手数を稼ぎ、なんとか右玉を実現して中盤戦まで持ちこたえる目標が叶いました。

図4からの指手: 22玉(31), 38玉(48), 44歩(43), 45歩(46) [図5]

図5で45歩は焦りすぎでした。
せっかく後手の棒銀を立ち往生させて時間を稼いだのに、指手の方針がちぐはぐですね。
ここでは66銀から先手の左銀を玉側に寄せるのがよかったようです・・・。

図5からの指手: 45歩(44), 45桂(37), 64角打 [図6]

64角打に代えて、44銀、46歩と進む将棋が一般的で、本局もこの手順を読んでいました。
この角は右玉の急所を睨んでいるため怖いですが、本譜では33桂成から55銀で桂角駒得となり右玉が指しやすくなりました。
図6以降は本格的な中盤戦のため、棋譜のみ掲載します。

図6からの指手: 33桂成(45), 33桂(21), 55銀打, 55角(64), 55歩(56), 46歩打, 56銀(47), 44桂打, 45角打, 45桂(33), 45銀(56), 65角打, 47歩打, 47歩成(46), 47金(58), 46歩打, 46角(68), 58銀打, 48歩打, 47銀成(58), 47歩(48), 35歩(34), 66歩(67), 36桂(44), 37銀打, 43角(65), 35角(46), 28金打, 28銀(37), 28桂成(36), 28飛(29), 75歩(74), 34桂打, 31玉(22), 42桂成(34), 42玉(31), 44金打, 41桂打, 74桂打, 52飛(82), 54歩(55), 37歩打, 37玉(38), 54歩(53), 62桂成(74), 62飛(52), 43金(44), 43金(32), 62角成(35), 36歩打, 36銀(45), 52金打, 22飛打, 32銀打, 52馬(62), 52玉(42), 32飛成(22), 42歩打, 61銀打, 61玉(52), 41竜(32), 51桂打, 83角打, 72銀打, 62金打, 62玉(61), 52金打, 71玉(62), 51竜(41), 82玉(71), 74角成(83), 64角打, 46歩(47), 55金打, 47銀(36), 83銀(72), 62竜(51), 93玉(82), 63馬(74), 後手時間切れ

備考

棋譜再生ソフト、(およびプログ内の画像)は「将棋ブラウザQ」を使用しています。
解析ソフトには「GPS将棋」を利用しています。
解析環境は macOS、メモリ2.3GHz intel Core i5 を利用しています。
主に5秒の時間制限のスポット検索で、気になった局面の評価を確認します。
右玉をもって序盤から中盤を生き抜く為だけの記録です。
将棋ウォーズID:「wesapi」でほぼ毎日3局指してます。