開発」カテゴリーアーカイブ

WordPressのAWS移行+ドメイン移管失敗の記録

まえがき

レンタルサーバで運用していた本ブログですが、1年間の更新期間がサイクルの節目であることと、会社でAWSを使った業務に携わることになったことをきっかけに、勉強がてらAWSに移行しようと思いました。
1から10まで綺麗にまとまった記事やサイトが見つけられなかったので、メモがてら記事を執筆していたところ、ドメイン移管に失敗しました・・。
ということで

やりたいこと

  • レンタルサーバで運用しているWordPressのブログサイトを、AWSに移行する

必要な手続き

  1. AWSのアカウント取得
  2. AWS側の環境準備(EC2、Route 53)
  3. レンタルサーバからAWSへブログをコピー
  4. ドメインの切り替え
  5. サイトのSSL化(ACM、ELB)

方針

毎度のことながら、個別の作業ベースではまとめられた良質なブログサイト様があるので、個人的に気になったところのみメモ書きで残します。

作業

AWSとWordPressを使って、自分のブログをつくってみた
→①AWSアカウント登録〜④IPアドレスの固定までの作業で参考にしました。

AWS EC2へWordPressを移行する方法。
→作業をする際は基本的に複数の記事を参照するようにしています。こちらのサイト様からは、全体の流れの確認と、「サーバーファイルの移行」辺りの部分を参考にしました。

All-in-One WP Migration – WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグイン
→wordpressのサイトをまるっと移行することができるプラグイン。便利です。

お名前.comのドメインをAWSで使用する4つの方法
→お名前.comでドメイン取得しており、今回AWSのroute 53にドメイン移管で切り替える為参考にしました。・・が、失敗します。

ドメイン移管失敗

いろいろ調べてみた結果、「whois情報公開代行設定」が原因となった模様。
お名前.com から Route53 へのドメイン移管を行ってみよう(Azure DNS はどうなの)

通常、この「whois情報公開代行設定」がONのままだと、route53へドメイン移管の登録の前段階で警告がでるそうですが、残念なことに、私はドメイン取得してからこれまでの間設定しておらず、何を思ったか、ドメイン移管の登録申請後、審査中の期間にこの設定をONにしました。結果、「whois情報が取得できないからドメイン移管に失敗したよ」とAWSさんから通知がきて、みごと申請料の11.88ドル(税込)を無駄にしました。orz (勉強代が発生すると本気でいろいろ調べるので、いい経験になりますね。)

ドメイン移管に失敗したため、気を取り直してDNSサーバの設定で一時しのぎします。ドメイン移管はもう少しAWSの勉強してからいずれ再挑戦します。

お名前.comで取得したドメインをAmazon EC2に紐付ける
→反映まで24時間から最大72時間かかるとのこと。待ちます。

待っている間に、ブログのSSL化を行います。

AWSでWebサイトをHTTPS化 その7:CloudFront(+証明書)→EC2編
→個人ブログでEC2インスタンス複数+ロードバランサ(ELB)の構成は月額料金のハードルが高かったので、今回は無料枠のあるCloudFrontでの構築を試みました。が、これもうまく行きません。。いろいろ調べた結果、やっぱりELBを利用してやろうという結論にいたりました。というかそもそもロードバランサをインスタンス1台で利用するという発想がなかったのです。

AWSを使って、無料でサイトを常時SSL化 全手順(EC2+Word Press+ELB+Certificate Manager+Route 53)
→こちらの記事がとても参考になりました。ELBを利用したSSL化やHTTP→HTTPSのルーティングがよくまとまっています。

移行後確認作業

Bitnamiのロゴが邪魔!
→スマホでサイトに接続したところ、右下にバナーがでるのが煩わしかったため、これの削除を行います。

これで晴れてAWSへのブログ移行が済みました。めでたしめでたし。